2010年03月05日

2010.02.27第8回中部キャリアカウンセリング研究大会 を開催いたしました。



2010.03.01 街頭では「お父さん眠れてる?」とメッセージの入ったティッシュが通勤途中のサラリーマンに配られました。
政府は例年自殺者が最も多いといわれる3月を自殺対策強化月間と指定し、そのアピールのためです。

11年連続で3万人を超える自殺者。うち有職者は9千人、28%弱にものぼります。(2008年度警察庁調べ)
企業のリスクマネジメント・安全配慮義務については対岸の火事ではいられません。
キャリアカウンセラーとして、このような社会にどのように貢献できるのだろうか?
どのように社員に・部下に・同僚に対処できるのだろうか?

2010.02.27 80名程のキャリアカウンセラーを中心とした、メンタルヘルスに関心のある方々が、
第8回中部キャリアカウンセリング研究大会に一堂を介しました。
中部CC20100227.jpg
テーマ:「メンタルヘルス・マネジメントの実践〜ラインケアを中心に〜」
講師:山一電機株式会社 新井典生 先生
会場:ウィンクあいち
主催:NPO法人キャリアデザインフォーラム・株式会社テンプスタッフ・ピープル

新井先生は、大手企業にて20年間ストレスマネジメント対策に向かい合ってこられ、
現在は人材育成インストラクター・心理カウンセラーを。
また大阪商工会議所主催のメンタルヘルスマネジメント検定の受験対策セットの発行に携わるなど幅広くご活躍されている方。
実践のお話がうかがえるということで期待度が上がりました。

講演は大きく6つの流れ。
1.メンタルヘルスケアの鳥瞰
2.メンタルヘルス施策
3.職場ストレスについて
4.メンタルヘルス不調について
5.メンタルヘルス不調対応
6.職場復帰支援

前半は、知識的なものなので振り返りという感じですすめられた。
後半、事例も含めてお話をすすめてくださりわかりやすかった。
数多くの事例に対処され、修羅場をくぐってこられた方ならではのお話。
一つ一つの事例が心に重くメンタルヘルスマネジメントの難しさを痛感した。
いつもと違う様子に気づく
・「重い」をキーワードにする
事例性をしっかり聞く
・三位一体で取り組む
本当に、「基本」で重要な取り組みを真摯に取り組んでいらっしゃる様子がうかがえた。


マネジメントする側のケアはどうすればよい?の質問に対し、
「セルフメンタルの知識を与えてあげてほしい」という返答があった。
先生も「自分には知識があったから、危険信号を察知できた」と語ったように、
自分の信号に気づくという力・知識は必要なのではないだろうか。

最後に先生が追加した
「願」 その一言に先生のお人柄、仕事への熱意が感じられた気がします。

私たちキャリカウンセラーは医療の専門家ではありません。ですので治療はできません。
が、治療を促すことはできます。
カウンセラーでなくてもラインケアを行っている全ての方が、職場や家族の気持ちを・体調を気遣うことはできるのではないでしょうか?

自分の心が身体が健康でなければ、人に寄り添うことはできません。
自分への対処法、そして周りの人への対処法を理解するために、自己研鑚を積まねば!!
と痛感した3時間でした。
ちびる/高松弥生
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中部キャリアカウンセリング研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

2月7日に第6回中部キャリアカウンセリング研究大会を開催いたしました。

2月7日に第6回中部キャリアカウンセリング研究大会を開催いたしました。

テーマ:「構成主義的キャリアカウンセリングとポジティブ心理学」
講 師:宗方比佐子氏 金城学院大学人間科学学部心理学科 教授

早いもので1か月過ぎ、ずいぶん暖かな気候になってきました。
暖かくなると、花が咲き、服装も明るくなり、気持もちょっと前向きになりますね。

宗方先生に紹介していただいたポジディブ心理学の中で、「ポジティブイリュージョン」と いう言葉が印象に残り、日常会話でもつい使っています。

◎ポジティブイリュージョン(positive illusion)
…「精神的に健康な人は、自尊心を高め、個人的な有能性に関する信念を維持し、将来に関する楽観的な視点を促進させるように現実をゆがめて捉える能力を有する」


楽観的な見方で現実をゆがめて捉えると、幻想が現実にもなる。

宗方先生は講演の中で、ポジティブイリュージョン持ち主の教え子の話をして下さいました。

彼女は英語が挨拶程度しかできないのにもかかわらず、臆することなくアメリカ留学にチャレンジし、周りの心配をよそに、アメリカでしっかり成果を出しているという事例でした。

そういえば、私の周りにもポジティブイリュージョンの持ち主がいるような・・・。成功している人にポジティブイリュージョンの能力(?)の高い人が多いようです。

特に何かにチャレンジする時は、ポジティブイリュージョンが重要と思った次第です。

4月からの新年度、気分一新、ポジティブイリュージョンでGO!ですね。

美保
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(2) | 中部キャリアカウンセリング研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

「エンカウンターグループ入門」満員御礼!

キャリアコンサルタントのスキルアップ、キャリアアップのための相互研鑽として開催している中部キャリアカウンセリング研究大会。2006年に発足して、第5回を迎えた今回も満員御礼で受付を締め切りました。

ロジャーズが晩年、個別カウンセリングを越えて力を注いだエンカウンターグループは通常、8〜12名くらいの小集団で数日間、寝食をともにして行います。分かっちゃいるけど、たくさんのキャリアコンサルタントにその世界を体験していただきたいと思い、1グループ14〜15名の4グループを同じ会場で動かす半日の入門コースを企画しました。

入門コースといっても半日で大丈夫?とか、14〜15名なんて大丈夫?とか、複数グループを同時に進める時にはお部屋を分けるけど、4グループを同じ会場で進めるなんて大丈夫?とか…。自問自答しながらも、ロジャーズの精神を体験的に学ぶのは意味があるよね!とか、数日間のエンカウンターグループに参加する前にちょっくらのぞいてみたい人もいるよね?っとか、メリット&デメリットを足し算、引き算してGo!って決めた、画期的な取組みです。

こんな無謀なプランに快く応じてくださったのは、ワークショップのファシリテーターとして知る人ぞ知るの橋本クニさん。カウンセリング界の一休禅師みたいな自由奔放かつ底力があればこそ…のお引受けです。

ファシリテーターが4名必要ということもあり、いつもより会費を高くしましたので、内心どきどきしながらフタをあけたら…。定員55名はあっという間に満席に。そこで橋本クニ@一休さんにお願いして、60名→64名→68名まで枠を増やしましたが、そろそろ限界です。

現在、コ・ファシリテーター(ファシリテーターを補佐するスタッフ)をファシリテーターにシフトさせて、グループを増やすことも検討中。ファシリテーターと事務局をいれると80名近い人々のグループがいかに動いていくものか…。

遠足に出かける前みたいに、どきどきし始めている本日です。

いぬづかなおみ(悠木そのま)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 09:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 中部キャリアカウンセリング研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

キャリアコンサルタントの集い

 私たちは毎日、毎日、さまざまな経験をしています。そして、そのほとんどが仕事の経験。もちろん、仕事とは職業のみならず妻夫とか母父とか学生とか市民とか、人生の様々な役割に伴う仕事のことです。
 仕事が楽しければ絶対に人生は楽しいのだから、仕事が楽しくなるよう、人々は励んだり挑んだりします。で、時には悩んだり迷ったり…。しかも、この複雑で混迷きわまりない社会、時代だから、悩みも迷いも複雑で混迷して当たり前。だから、いま、頼れるキャリアカウンセラーが求められているのでしょう。
 私も厚生労働省キャリアコンサルタントのはしくれとして、教育家として、働く人々が働くことをとおして、豊かな人生をクリエイトできるよう、お手伝いしたいと願っています。そのために、もっともっと私自身を豊かにしながら、お手伝いのスキルを磨いていきたいと願っています。同じ思いの方、中部キャリアカウンセリング研究大会でお目にかかりましょう。(いぬづか)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中部キャリアカウンセリング研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

中部キャリアカウンセリング研究大会のご紹介

キャリアカウンセラーに対する社会的な期待に応えるために、CDA、GCDFなどキャリアコンサルタントの成長とスキルアップをめざしています。

情報提供からトレーニングまで、ピープルスタッフ(株)と共催で行っています。

(中部キャリアカウンセリング研究大会コーディネイター:犬塚尚美 )
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中部キャリアカウンセリング研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。