2010年04月03日

プレイバックシアター 公開ワークショップ 自力で初開催!

2/28と3/14の日曜日に、名古屋駅前の「ウィンクあいち」にて、プレイバックシアターのワークショップを開催した。即興劇団名古屋プレイバックシアター代表の悠木そのまがコンダクター、私クッキーこと九鬼祥夫がファシリテーターを務めた。

劇団員のマリリン、サワさん、ヨシはもとよりOB・OGであるJIN、ちぃちゃんのなつかしい顔ぶれに加え、静岡の劇団シーズのトモとアキの二人もサポートに駆けつけてくれた。本当にありがたかった!

参加者は2/28は8名、3/14は12名だった。コーチたちのネットワークを中心に呼びかけ、CDA(キャリアコンサルタント)たちも参加した。

2/28はプレイバックシアターの手法である「ストーリー」を、3/14は「感情」をテーマに進めた。それぞれ前半では、プレイバックシアター独自の表現手法を学び、後半でミニパフォーマンスを行った。ミニパフォーマンスでは、参加者が自主的・積極的に出演し、サポーターたちの出番がないことも多々あった。

参加者の皆さんは、即興で自分の感性を信じて表現すること、そして、その表現を受容することに魅了されたにちがいない。両日とも活気に満ちたワークショップになった。企画した我々にとっても嬉しい時間を創ることができて、よかった!

次回の参加したいと記入されているアンケートが、いくつもあった。本当に実施してよかったと実感した。そして、名古屋にも潜在的なプレイバックシアターファンが数多くいることを確信した。わずか十数名の人たちとはいえ、それぞれにプレイバックシアターの魅力を感じてもらえたという、この小さな一歩には大きな価値があると思う。

即興劇団名古屋プレイバックシアターでは、2005年から年1〜2回のペースで公開ワークショップを開催してきたが、これまでは指導者を招いての開催だった。今回は指導者を招かず、自力で開催した初めての公開ワークショップである。劇団にとっても節目となる、意味のある機会となった。

文責:九鬼祥夫
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

プレイバックシアターのワークショップを開催します

即興劇団「名古屋プレイバックシアター」では
プレイバックシアターの手法を使ったワークショップを
コーチたちのグループ、当NPO法人とのコラボによって
久しぶりに開催することにいたしました。

2月28日(日)、3月14日(日)の2日です!
(1日だけでも、ご参加いただけます)

プレイバックシアターは、即興劇で
参加者のお話(ストーリー)をお聴かせいただき
これを表現していくものです。

あなたの「ストーリー」や「感情」に焦点をあてて
「感じる力」にアンテナをたてます。

聴く力を高めたい!
感じたことを表現する力、受け取る力を伸ばしたい!
フィードバックの精度を高めたい!

そんなあなたにおすすめしたいワークショップです。

頭と心を柔らかくし、「感じる」2日間を体験しませんか!
皆様のご参加をお待ちしています。

2日を通じて、プレイバックシアターの世界を存分に体感できます。
【1日目】あなたの「ストーリー」を中心に取り扱います
【2日目】あなたの「感情」を中心に取り扱います

■ファシリテーター:クッキー(九鬼) コンダクター:悠木そのま
■日時:2010年.2月28日(日)13:30〜16:45
    2010年.3月14日(日)13:30〜16:45  
◆会場:ウィンクあいち 12F 1206号室(2/28)・1205号室(3/14)
    http://www.winc-aichi.jp/access/
    JR・名鉄名古屋駅 徒歩2分(ミッドランドスクウェア東側)
◆参加費:5,000円(2日間通し)3,000円(1日のみ)
◆定員:15名
◆お申込み/お問合わせ http://www.career.gr.jp/11contact.html

♪参加費は当日受付にてお支払い願います
♪動きやすい服装でお越しください

◆プレイバックシアターとは・・・
プレイバックシアターは、観客や参加者が自分の体験したできごとを語り、それをその場ですぐに即興劇として演じる独創的な即興演劇です。劇場の舞台 で、ワークショップで、教育の場で、臨床や治療現場で活用されていますが、どこで行われてもプレイバックシアターは、参加している人々を親しい仲間とし て結び付け、それぞれの人の生き方に新たな視点やあり方をもたらします。
(スクールオブプレイバックシアター日本校より)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 21:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

座長でよかったと思う夜

昨日は、即興劇プレイバックシアターの劇団稽古でした
といっても、仕事の処理がおいついておらず、大幅に遅刻しての参加

それでも温かく迎えてくれる仲間がいるというのは有難いものです
ミュージシャンとして音楽を担当した後、テラー(語り手)として
将来への夢を語り、演じられた夢を見て、思わずうるうる。。。

本当に疲れているんだなぁと実感した一瞬でした
※ストーリーの内容についてはこちらから → キャリアカウンセラー養成講座

IMGP0502.JPGさて、お稽古終了後は、11月1日生まれの団長
…ではなくて、座長 そのまのために
劇団の仲間たちが誕生会を開催してくれました

お稽古に出なかったメンバーも食事会からは参加してくれて
総勢9名での大宴会となりました

IMGP0510.JPG 基本的には気楽な飲み会
 ごひいきスターの話やら、映画の話やら

 加州ナパでの撮影が話題になっている
 映画『サイドウェイズ』もネタになったりして
 (あ、ちょうど、いま、主演の小日向さんがTV出演中!)
 
9人があちこちで好き勝手に話し散らしていたと思ったら
全員での会話にまとまったりして、息があっていればこそのカオス

Mちゃんが、『This is it』を観てきたというので
マイケルの死や加藤和彦さんの自死について語り合い
求められているのに、求められていないように思って
死んじゃうなんて、さみしいよね…なんて。。。

IMGP0513.JPG垂れ流しになってもお互いに支え合おう!と約束をしました
(約束したつもり。。。)

ともあれ お誕生日をお祝いしてくれる仲間がいるって
しあわせだなぁと実感した夜でした

劇団員の皆さま、ありがとう!
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

記念すべき初合宿! 〜ドタバタのうちにも〜

とにかく終わりました。6月6〜7日開催のプレイバックシアター研究会の初合宿…。企画から準備、動員、当日の運営と、裏方は正直なところハラハラ、ドキドキの連続でした。スタッフのこんな姿↓がお疲れさまを表しています。

P6060554.JPG

それでも劇団員がそろって参加し、ステップアップの足がかりをつけられた気がするのは自画自賛? ご指導をくださった佳代さんに感謝です。新しいNPO会員もお迎えし、劇団の人づくりも一歩、進んだとしたら嬉しいのですが、次のお稽古にも参加してくれるかしら?

ともあれ、会場について多大なご協賛をくださいました豊橋グランドホテルさん(サーラグループさん)、ありがとうございました。(悠木そのま)

P6060536.JPG
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

第16回プレイバックシアター研究会 - いつもに増してにぎやかに。いつものようにたのしく。

お稽古(休憩中)
 報告が久々になってしまいました。プレイバックシアター研究会は基本的に毎月行っているのに!……反省する劇団マネージャー あめいです。

さて、本日のお稽古参加者は劇団員、インターン生、NPO会員あわせて7名!遠方のメンバーも出先の東京から直に名古屋へとかけつけてくれ、久しぶりの参加。いつもよりちょっぴり多くて、しかも黒1点のこしてあとは女性ばかりだったせいか?いつもにも増してにぎやかだったような気がします。

お稽古は、メンバーそれぞれが時にはテラー(ストーリーを提供する語り手)、時にはアクター(ストーリーを演じる人)、ミュージシャン(ストーリーに音を加えてストーリーをより豊かに演出する)、コンダクター(指揮進行)と、役割をかえながら進んで行きました。

メンバーは全員NPOの仲間ではありますが、それぞれが多忙なので実際に顔を合わせる機会はとても貴重。メンバーがテラーとしてストーリーを語ることは、プレイバックシアターのお稽古としても、NPOのメンバー同士の「近況報告」としても大事なひとときだと私は思っています。

今回語られたストーリーはどれも、「最近、けっこう大変だったのよ」という内容だったのですが、それを演じてもらうことによりみんなと体験を共有し、語り手はみんなそろって「すっきりした」という感想を語りました。

こんなとき私は、座長の語る「(演劇人でもなんでもない)普通の人たちがするプレイバックシアターの魅力」を実感します。

みんな、それぞれにたいへんで、それぞれに忙しく、それぞれに色々なものを抱えて毎日を暮らしている中で、なんとか時間をつくっては集う。そして最後には何故か(?!)「お稽古来て良かった〜」といいながら帰って行くのでした。

プレイバックシアターって、不思議ね!?

あめい / 大川リエ
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

全身を触覚にして

みなさんこんにちは。毎日暑い日が続きますね。
ただいま名古屋プレイバックシアターのインターンとして修行中の、ばんちょ@番澤です。
自分が思ったり感じたりしていることを言葉や文字にして伝えるのがとてもへたくそなので、こうしてブログに投稿している今もとってもどきどきしています。

プレイバックシアターというものを初めて体験したのは、昨年12月の公開コアトレーニングでした。
プレイバックシアターのプの字も知らないまま好奇心に突き動かされて?参加したのですが、わたしのように一切の前知識がなくても、宗像佳代先生のすばらしいファシリテーションのもと楽しみながらのトレーニングを通して、プレイバックシアターってなに?ということがなんとなーく分かったような気がしました。

その後、名古屋市若年者トータルサポート事業として名古屋市立中央看護専門学校生を対象にしたプレイバックシアターのパフォーマンスがあり、ビデオ撮影などのお手伝いとして立ち会わせていただきました。
さらに次の機会は今年の4月、記念すべき?インターンとしての初稽古。
その頃のわたしはCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の実技試験を控えていて、「傾聴とは?」がテーマの日々でした。多くの人からさまざまな助言をいただいて、ありがたいながらも大混乱したときもありました。が、最終的には、

「心に正直に、素の自分を素直にとらえながらクライエントが全身で発する言葉に耳を傾ける。そうやってクライエントの気持ちを全身を触角にして感じ取って、それをクライエントに「分かっていますよ」と分かっていただけるように全身で表現して返す。」

・・・これにつきるのではないかな、という思いに、ひよこながらに至りました。


それってプレイバックシアターと一緒!?


プレイバックシアターの場合、コンダクターがお聞きして浮き彫りになったテラーのお話をそのままにうけとめて、聞き手やアクターの価値観・フィルターに通すことなく、そのまま再現する・・・んですよね。
まさに自己一致・無条件の肯定的尊重・共感的理解で充たされた、あたたかい空間じゃないかなって思います。

なーんて書いてはみたものの、まだまだ分からないことだらけのばんちょです。


プレイバックシアターは、まさに“百聞は一見にしかず”。
キャリアデザインフォーラムでは、一般の方にご参加いただけるトレーニングを開催しています。次のトレーニングは、もう今週末(詳しくはこちらをご覧ください)!
ご興味がおありのかた、ぜひ一度参加してご自身で体験されてみてはいかがでしょうか。



(番澤)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 00:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

即興劇団『名古屋プレイバックシアター』の夏!

名古屋プレイバックシアター主催のトレーニング……まだまだ先だとおもっていたのに、もう再来週に控えているのです。

7月26日はプレイバックシアターの基本を確認するコアトレーニング、27日は劇団スーパーヴィジョンとして、いずれもスクール・オブ・プレイバックシアター日本校校長の宗像佳代さんを招いてのトレーニングです。どきどき。(詳しい案内はこちらからどうぞ

なーんて、案内をしているわたくしあめい@大川ですが、実はプレイバックシアターのパフォーマンスを見たのはたった1回。トレーニングに参加した(というかじぃぃぃっと見ていた)のもたった1回。なのに、何故か今はマネージャーとして修業中(?)です。

何故か?というのはやはり最初にみたパフォーマンスに感動したからかもしれません。
プレイバックシアターが何かも良く知らないままに、NPOのホームページに載せる写真を撮る目的で出かけ、写真を撮りながら見ていたのに!じーんときちゃったんです。ちょっぴりうるっともきてしまいました。

それは、名古屋市若年者トータルサポート事業として、名古屋市青少年自立支援室主催で名古屋市立中央看護専門学校生を対象にしたプレイバックシアターでした。観客&テラー(語り手)は、卒業間近の看護学校の学生さんです。

最初は「一体何がはじまるの」と体育館にただ「集められた」という雰囲気が無きにしもあらずの学生さんたちでした。しかし、同級生が看護を学んできての想い出を語り、それをアクターが演じることでどんどんと意識が舞台へと集中していくのです。

照れながら語られるストーリーも、ひとつひとつがこれから社会へ羽ばたこうとしている若者たちの大切な想い出なんだなあぁ……とふと感じた途端、「ああ、プレイバックシアターってこういうものなんだなあ」と……。こういうものってどういうもの?と聞かれると困るのですが(笑)、いくら話しを聞いても理解できなかったものがすっと受け入れられたような気がしたんです。

もちろん、この奥深いパフォーミングアートを「わかった」だなんてまだまだとても言えません。それでも百聞は一見に如かず!なのです :-)

なさけなくも身体性の低さを自負するわたくし。実は、プレイバックシアターにはそんな自分が自分らしくふるまう鍵が隠されているような気もしている……というのはここだけの話。そんな自分を受け入れてくれているのもまた、プレイバックシアターと劇団の懐の深さだとおもっています。

いずれにせよ、26日・27日がたのしみです :-)

(あめい@大川)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

第8回プレイバックシアター研究会ご報告レポート

14名の参加。大阪から広島から、そして初参加者も。

今回のプレイバックシアター(PT)研究会は、第5回中部キャリアカウンセリング研究大会の翌日6月29日に開催。年間テーマに基づき、「橋本クニちゃんによる聴くこと、グループを観ること」をテーマに行いました。前日に引き続き「くにちゃん(※)」こと橋本久仁彦さんのリードにより、初めての方にも参加しやすいようにわかりやすく楽しくすすめられました。

今回は、中部キャリアカウンセリング研究大会でファシリテータをつとめてくれた大阪・広島等のメンバーや、当NPOから初の参加者もあり、全体で14名の参加となりました。お互いをニックネームで呼び合い、初顔合わせの緊張感の中にもなごやかな雰囲気でスタートしました。
(※プレイバックシアターでは、常日ごろの「役割」から自由になる意味も込めて、 お互いをニックネームで呼びあうのです。)

初めてのメンバーにも分かりやすいよう、PTの基盤を大切にその本質にふれるワークショップ。ウォーミングアップのあと、「動く彫刻(語り手の想い・感情を数人のアクターが彫刻のようにポーズをとって表現)」やストーリー(語り手の話をアクターとミュージシャンで即興ドラマとして演じる)」を行いました。

プレイバックシアターの不思議な魅力

プレイバックシアターは即興劇です。 アクターの動きも、ミュージシャンの奏でる音色もその場限り。一度しか起こらない「偶然」です。 しかし、その偶然には意味がありとても奥深いもの。
テラーがその人自身のストーリーを語ることをきっかけに、アクター、ミュージシャン、そして観客が、笑いも涙も共有する……。
一人ひとりの背景にはそれぞれの大切な体験と人生があるのだなあと毎回しみじみ実感します。

説明を聞いただけでは「難しい!」「さっぱりわからない(?)」と思われがちですが、体を動かしていくうちにじわじわと実感してゆくのがプレイバックシアターのおもしろいところ。(感じることが大切なんです。)

そして自分自身の「ストーリー」を実際にアクターたちに演じてもらうのもPTを「感 じる」のには効果的。最後は初参加メンバーのストーリーを演じることで締めくくられました。

PTの基盤・本質を振り返る今回の研究会は、メンバーひとり一人の存在の重要性を感じる場ともなりました。
私たち名古屋プレイバックシアターがここに存在するのも「たくさんの人によって支えられているからこそ」と感じた一日。
参加されたみなさま♪ありがとうございました。

さて、7月は、いよいよスクール・オブ・プレイバックシアター日本校校長 宗像佳代さんの コアトレーニングです。これまた、楽しみですね。きっと、さならるステップアップ につながると思います。

みなさま、ふるってご参加ください。(詳しくはHPの案内をご覧ください♪)

以上第8回プレイバックシアター研究会のご報告でした。


参考
プレイバックについて、より詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

『プレイバックシアター入門』宗像佳代著 

〜上記より一部抜粋

創始者ジョナサン・フォックスがかかげる「プレイバックシアターの価値観」については
1)だれもが創造的なアクターである。
2)ふつうの人が語る言葉に英知が宿る。
3)肯定的な一体感が社会を変容する。
4)だれもが貴重なストーリーをもっている。
5)非日常・芸術が平和と喜びをもたらす。

また、

「プレイバックを演じるための不可欠なスキル−スリーサークル−」については
1)アーティストとしての「芸術性」
2)観客をもてなすホストとしての社会性
3)儀式を執り行うシャーマンとしての「リチュアル」

とあります。


(プレイバックシアター研究会リーダー:筒井昭仁)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 19:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

プレイバックシアター研究会のご紹介

実話を舞台劇として即興で演じる「プレイバックシアター(PT)」。

芸術性に溢れた表現によって、個人的経験の底にある普遍的なテーマを浮き彫りにし、そこにいる全ての人に感動を与えます。

社会的活動としての公演を展開するために、劇団員とともにPTの芸術的・教育的効果を考える研究会です。

(プレイバックシアター研究会リーダー:筒井昭仁)
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレイバックシアター研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。