2009年03月10日

2月7日に第6回中部キャリアカウンセリング研究大会を開催いたしました。

2月7日に第6回中部キャリアカウンセリング研究大会を開催いたしました。

テーマ:「構成主義的キャリアカウンセリングとポジティブ心理学」
講 師:宗方比佐子氏 金城学院大学人間科学学部心理学科 教授

早いもので1か月過ぎ、ずいぶん暖かな気候になってきました。
暖かくなると、花が咲き、服装も明るくなり、気持もちょっと前向きになりますね。

宗方先生に紹介していただいたポジディブ心理学の中で、「ポジティブイリュージョン」と いう言葉が印象に残り、日常会話でもつい使っています。

◎ポジティブイリュージョン(positive illusion)
…「精神的に健康な人は、自尊心を高め、個人的な有能性に関する信念を維持し、将来に関する楽観的な視点を促進させるように現実をゆがめて捉える能力を有する」


楽観的な見方で現実をゆがめて捉えると、幻想が現実にもなる。

宗方先生は講演の中で、ポジティブイリュージョン持ち主の教え子の話をして下さいました。

彼女は英語が挨拶程度しかできないのにもかかわらず、臆することなくアメリカ留学にチャレンジし、周りの心配をよそに、アメリカでしっかり成果を出しているという事例でした。

そういえば、私の周りにもポジティブイリュージョンの持ち主がいるような・・・。成功している人にポジティブイリュージョンの能力(?)の高い人が多いようです。

特に何かにチャレンジする時は、ポジティブイリュージョンが重要と思った次第です。

4月からの新年度、気分一新、ポジティブイリュージョンでGO!ですね。

美保
posted by NPO法人キャリアデザインフォーラム at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(2) | 中部キャリアカウンセリング研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。